介護老人保険施設 遊

埼玉県所沢市東狭山ヶ丘4-2666-1

04-2929-1177(8時30分~19時00分)

TOP > 通所情報

通所サービス

心と体に遊びを!!

1階は定員120名の通所リハビリテーション施設として運営しています。
多彩なアクティビティープログラムで、毎日でも楽しめる環境を提供しています。
私たちは『型にはめること』より、『やりたいことを行うこと』を大切にしています。
様々なフィットネスマシンで体を動かすこと、計算やパズルなどの頭の体操をすること、のんびり寛ぐことなどご利用者さまがやりたいことをして過ごせるよう支援しています。

カフェカウンター

リハビリテーションについて

笑顔で過ごすのがなにより大切

リハビリに大切なのは、「楽しい」ことと「続けられる」ということ。
当施設では数多くのリハビリスタッフたちが毎日の生活の動きに着目した「生活リハビリ」で、ご利用書さまの「もっとしたい!」を応援します。
また、ロボットリハビリなどの最先端のリハビリや装具の調整・アドバイスも同時に提供し、ご利用者さまの能力改善を引き出し、「活動」や「参加」を促していきます。

リハビリについて

お食事について

食事を楽しむ

食べることは人間が生きるうえでとても重要です。
食事を楽しむ第一のポイントを美味しい食事の提供であると考え、栄養バランスはもちろん、管理栄養士・調理師が腕によりをかけ、四季折々のメニューで美味しい食事をご用意します。

お食事
配膳

レクリエーションについて

毎日、様々なメニューから楽しみたいものを自由に選択

一日の過ごし方はご利用者さまが様々なメニューから自由に選ぶことができます。
「今日は音楽療法に参加」「喫茶コーナーで読書」など、自由に過ごすことができます。
ご利用者さまがやりたいことを行うことを第一に考えています。

レクリエーション

アニマル・アシステッド・セラピーについて

動物とのふれあいから新しい欲求が芽生え、意欲の向上を促します。

エントランスを抜けると、1匹のセラピー犬がご利用者さまをお出迎えします。
動物とのふれあいから、リハビリを意欲的に取り組まれたという事例は数多く報告されていて、動物介在療法として広く知られています。

ラブ
ラブ

チャイルド・アシステッド・セラピーについて

併設する託児所から、子どもたちの笑い声が聞こえてきます。

職員の子どもたちを預かる託児所が施設に隣接しています。
職員が安心して働けることも一つの目的ですが、子どもたちの笑顔はご利用者さまを和ませてくれます。
子どもたちが近くにいるということで、ご利用者さまにも良い刺激になると考えています。

子ども